2×6 ADVANTAGE OF TWO BY SIX エアコン1台で住まいをまるごと空調。 先進の全館空調システムを導入し、心地よさと、省エネ性が進化した、健康にとてもいい住まいができました。 LaPlus(ラ・プラス)[全館空調YUCACO(ユカコ)システムの家]

「LaPlus(ラ・プラス)」は、全館空調YUCACO(ユカコ)システムを搭載。新しい住まいの価値をご提案します。

住宅省エネ性能において“大賞受賞”の栄誉に輝いた「プレシード」がさらに進化して、[全館空調YUCACOシステム]を搭載した「ラ・プラス」が誕生しました。2×6工法とスマートハウス仕様が標準となるそのハイレベルな居住品質を受け継ぎながら住まう人にうれしい、いくつもの新しい価値を「プラス」して、より心地よく、より省エネで、より健康的な住環境を実現します。

エルクホームズの住まい品質の結晶「プレシード」は、『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016』大賞受賞

「心地よさ」の新次元へ 新発想の全館空調システムYUCACO(ユカコ)。エアコン1台で家中どこにいても快適です。

住まいをまるごと空調する「ラ・プラス」[全館空調YUCACOシステムの家]は、高断熱と高気密を実現する「2×6工法」を抜きにしては語れません。この住宅性能に加えて、国内最高クラスの断熱サッシ、さらには高効率のエアコンや高効率の給気ファンが開発されたことで、エアコン1台による空調が可能になりました。心地よさの質を高め、夏も冬も1年を通していつも家中自然な快適さを感じていただけます。

冬
  • 一般的な住まい
    各部屋に1台ずつエアコンを設置。電気代もかかるし、廊下や洗面室、トイレは寒いままです。
  • 「ラ・プラス」[全館空調YUCACOシステムの家]
    エアコン1台で冬は家中どこにいても心地よい暖かさを体感。足元から天井まで快適な温度を保てます。
夏
  • 一般的な住まい
    各部屋に1台ずつエアコンを設置。電気代もかかるし、廊下や洗面室、トイレは暑いままです。
  • 「ラ・プラス」[全館空調YUCACOシステムの家]
    エアコン1台で夏は家中どこにいても心地よい涼しさを体感。足元から天井まで快適な温度を保てます。
実感 YUCACOシステムの全館空調だから実現できた、温度差の少ない室内空間の実測データをご確認ください。

YUCACO(ユカコ)システムとは?

YUCACOシステムとは全館空調システムのひとつです。床下の空間を利用して空調空気を吹き出すと同時に、床を暖めたり冷やしたりして住まう人が快適だと感じる温熱環境をつくりだします。いくつかある全館空調システムの中では、木造戸建住宅にもっとも適した費用対効果の高い先進のシステムです。

Your・・・あなたの | Uniform・・・均一に | Conditioned・・・調整された | Air・・・空気の | COnfiguration・・・配置 | System・・・システム

エルクホームズは高断熱・高気密の「2×6工法」。

「2×6工法」は「2×4工法」に比べて建物強度はもちろん、断熱性も気密性も大きく向上。さらに高性能グラスウールの厚みも広げることで、優れた断熱性能と気密性能を実現させました。「プレシード」に代表されるハイレベルな省エネ性能と優れた住まい品質がベースとなって誕生したのが「ラ・プラス」です。

  • エルクホームズの2×6工法
  • 一般住宅の2×4工法

窓にはトリプルガラスの樹脂製断熱サッシを採用。

窓の断熱性を高めるために、内外の2枚をLow-Eガラスで構成した3枚ガラス構造のサッシを採用。フレームも一般のアルミ製からオール樹脂製にすることで、断熱性能は国内最高クラスを実現。結露の抑制にも効果を発揮します。

  • サーモ画像による掃き出し窓の熱分布の比較

※メーカー調べによるものです。

「省エネ」の新次元へ 科学的なデータが実証する、ハイレベルな住宅性能。だからこそ心地よさの質も経済性も大きく向上しました。

住まいの省エネ性や快適な居住性を計るモノサシはいろいろありますが、その中でも代表的なものが下記の断熱性能を表すUA値です。このUA値においても「ラ・プラス」[全館空調YUCACOシステムの家]の優位性は一目瞭然。イメージや感覚的なものではなく、検証された数値が、住宅性能のレベルの高さを雄弁に物語ります。

断熱性能をUA値で比較

  • 山口・広島地域の基準値 UA値=0.87
  • ZEH基準 UA値=0.60
  • エルクホームズ「プレシード」標準仕様 UA値=0.40
  • エルクホームズ「ラ・プラス」 UA値=0.29
  • 当社UA値はモデルプランにより算出したものでプランによって異なります。
  • UA値とは外皮平均熱貫流率のことで、UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高い住宅です。
一般の全館空調システムに比べてもこんなにお得!
ポイント1 エアコン1台と給気ファン(いずれも市販の高効率タイプ使用)で住まい全体を空調できるので、月々の光熱費が大幅に削減できます。
ポイント2 システム故障や将来的な機器交換時のコストも安く済み、メンテナンスも簡単です。
  • 1日を通して氷点下の真冬日データ
  • 最高気温37度の真夏日データ
  • YUCACO展示場設置温度ロガーにより測定。エアコンの設定温度は23°Cで運転しておりました。
  • データ提供:YUCACO推進協議会/(株)リベスト

「健康住宅」の新次元へ 健康リスクを低減できる住まいは、健康寿命を延ばすことも。

ヒートショックが発生する危険温度差は10°C程度と言われています。人にやさしい温熱環境の実現により住まいの中の温度差を解消し、冬場の入浴時など、急激な温度変化が原因となる「ヒートショック」も未然に防ぐことができます。さらに電子式集じんフィルタを採用することで花粉やPM2.5もしっかりと除去し、空気環境も常にクリーンな状態にキープ。「ラ・プラス」[全館空調YUCACOシステムの家]ならいつも心地よく快適に暮らせ、お子さまから高齢者の方まで家族みんなの健康をやさしく安心サポートします。

  • ●ヒートショック(脳出血・脳梗塞・心筋梗塞)の予防
  • ●花粉症やハウスダストなどのアレルギーの予防 ●体への負担の軽減 ●冷え性の改善 ●熱中症の予防 ●風邪の予防 ●夏バテ解消
ヒートショック(入浴時の急激な温度変化)で年間約17,000人が急死
入浴時の急激な温度変化によるヒートショックで年間約17,000人※1もの人々が命を落としています。その数は、交通事故による死亡者4,373人※2を、4倍近く上回っています。
年間死者数の比較(平成25年)
  • 1:東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)の報告(平成25年12月11日)
  • 2:平成25年中の交通事故死者数(一般財団法人 全日本交通安全協会)
ヒートショックとは?
急激な温度の変化により血圧の乱高下や脈拍の変動が起こること。冬場の入浴時や冷暖房の効いた部屋から外へ出た時に起こりやすく、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などにつながる危険性もあります。
スマートウェルネス住宅等推進事業の調査 「断熱改修等による居住者の健康への影響調査」より