電気やガスなどのエネルギーにすべてを頼らない生活

イレコの家で暮らすことは、地球のリズムと暮らすこと

イレコの家って、どんな家でしょう。それは、ひ
とことでいうと、資源に頼らないで、自然に頼
る家。住まいの環境を快適に保つのに、ガス
や電気などのエネルギーにすべて頼りきるの
ではなく、日光や風、植物など、自然の力を積
極的に活用するのです。

たとえば、夏。エアコンで部屋を涼しくするの
ではなく、風通しをよくし、日射しをさえぎる
工夫で涼しくする。冬ならば、太陽の光をたっ
ぷり取り入れて暖める。イレコの家で暮らすこ
とは、地球のリズムと暮らすということ。そし
てそれは、温暖化や省エネの問題にも、きち
んと答えながら暮らしていくということ。
ILecoの名前のなかに"eco"という文字があ
ること、お気づきでしょうか。

イレコの家は、「入れ子」の構造。2×6工法だから、実現しました。

エコ住宅をつくるハウスメーカーは、たくさんあります。でも、イレコの家との大きな違いは、そのつくりかた。名前の由来にもなっている「入れ子」の仕組みを採り入れています。

壁を入れ子状に並べて、外部環境→屋外(庭)→半屋外・半屋内(テラスやバルコニー)→室内へと、中と外をゆるやかにつなぐ空間「バッファーゾーン」をつくります。これにより、高い断熱性・気密性を維持しながら光と風を取り込む開口部をきちんと確保できます。

この「入れ子」の構造は、エルクホームズの堅牢な「2×6工法」により実現したもの。優れた耐震性と耐久性を誇るこの工法がイレコの家の大きな支えとなっているのです。

日射をコントロールする家

夏の日差しはさえぎり、冬の日差しはたっぷり取り込む。外からの音や視線までも、たくみに制御します。

日射をコントロールする家

「入れ子」構造の最大のポイントは、屋内でも屋外でもない、半屋外空間が生まれること。このような空間を「バッファーゾーン」と呼びます。「バッファー」とは英語で「衝撃、苦痛などを防ぐ、和らげる」という意味。
この空間が、日射しや熱、音や視線など、外部からのさまざまな影響を制御する、という役割を果たします。まずは日射について。もともと日本の家屋は、軒の出を大きくしたり、ひさしを設けることで、日射を上手に調整してきました。イレコの家では、その仕組みを「バッファーゾーン」を設けることで再現。夏は日射しをさえぎり、冬はたっぷり取りこむ。空調機器に頼らない先人の知恵を、軒やひさしを垂直に立てることで、現代的なデザインによみがえらせました。つぎに、音や視線。室内環境やプライバシーを守るために、外部からの影響を遮断し、閉鎖的な空間で暮らすことが多くなってきた現代。イレコの家は、「バッファーゾーン」によって、閉ざしすぎず、開きすぎない、適度な境界線を実現。音や視線をたくみに制御します。

拡大

拡大

拡大

光と風が通る家

大小の窓を随所につくり、家のすみずみまで、光と風をいきわたらせます。

室内の気候を快適に整えるうえで、窓やテラス、バルコニーやサンルーム、吹き抜けなどの開口部は、とても大切にしたいもの。イレコの家は、いたるところに大小の窓をつくり、ポーラス(多孔質)な空間を実現します。土地の地形や方位、周辺の住環境を十分に把握し、効果的な採光・通風計画を立案。高断熱・高気密を確保するとともに、光と風の入口、通り道、出口をつくっていきます。いつでも、家のどこにいても、ぱあっと明るく、さわやかな風が吹き抜ける。まるで草原にいるかような住みごこちを、実感していただけます。

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

自動的に衣替えする家

緑の力を活かして、夏は涼しく、冬は暖かく。室内の温度が、自動的に切り替わります。

イレコの家は、外の環境や気候の変化に応じてあたかも衣替えするように、住宅のモードを変えることができます。家の壁面や大窓にトレリス(植物をからませる格子状のスクリーン)を設置すれば、夏はおびただしい緑の葉が、強い日射しをカーテンのようにさえぎる。冬には落葉し、日射熱を集める働きに変わる。さしずめ、天然の暖冷房装置、といったところでしょうか。草木のサイクルをたくみに利用すれば、わが家が、夏は木陰に、冬は日だまりに切り替わります。

拡大

拡大

拡大